News

◆「被爆70年を考える現代美術展 RING ART P&L 2015」開催

RING ARTは被爆70周年祈念行事として、一連の平和展やワークショップを企画しました。アートを通して世界に向けて未来に輝く平和のありようを長崎から発信していきます。サブタイトルのRING ART P&L 2015のP&Lは平和と愛の略であり、その意味を表現しています。

 

開催期間:2015年7月7日(火)~8月30日(日)

 

会場 

〈展覧会6会場〉

 ナガサキピースミュージアム 長崎歴史文化博物館 長崎ブリックホール2Fギャラリー

 長崎大学附属図書館ギャラリー NTTポケットギャラリー 活水中学校・高等学校

  ※開催期間および開場時間は各会場によって異なります。くわしくはこちらから


〈公開講座〉

 期日:2015年 7月11日(土)・20日(月祝)・26日(日) 8月8日(土)・8月10日(月)

 時間:14:00~15:30

 場所:長崎大学 産学官連携戦略本部人材育成部門 生涯教育室  

 

〈折り鶴パフォーマンス〉

 期日:2015年8月9日(日)

 時間:10:00~16:00

 場所:長崎を最後の被爆地とする“誓いの火”灯火台(平和公園中心区内)   

  

主催:RING ART運営委員会

共催:長崎大学

協力:長崎歴史文化博物館 学校法人 活水学院

後援:長崎県 長崎市 長崎県教育委員会 長崎市教育委員会

   ポルトガル大使館 在名古屋ブラジル総領事館 日本ポルトガル協会 長崎日本ポルトガル協会 

   長崎新聞社 NHK長崎放送局 一般社団法人共同通信社  西日本新聞社 朝日新聞社 毎日新聞社 

   読売新聞西部本社 NBC長崎放送 KTNテレビ長崎 NCC長崎文化放送 NIB長崎国際テレビ 

   長崎ケーブルメディア エフエム長崎

助成:公益財団法人 十八銀行社会開発振興基金

 

招待作家:フランシスコ・ラランジョ Francisco Laranjo(ポルト大学 教授・ポルトガル)

     鐘 孺乾 Zhong Ruqian (中南民族大学美術学院教授・中国)

     朴    南姫 Park Nam Hee(慶北大学校教授・ 韓国)

     金    庚樹 Kim Kung Soo (昌原大学校・教授・韓国

     姜    バレム Kang Ba-Ream(昌原大学校教授・ 韓国)

        イボネチ カヴァルカンテ Ivonete Cavalcanteと子どもたち(サンパウロ・ブラジル) 

 

 

本展に関する詳しい内容はこちらから

 

 

 



Topics

◇ナガサキピースミュージアム会場がスタートしました。

いよいよ「被爆70年を考える現代美術展」が始まりました。ナガサキピースミュージアムを皮切りに、これから8月にかけて展覧会やワークショップなど、順次開催していきます。

ナガサキピースミュージアム会場には、本展を企画した運営委員のメンバーの作品を中心に、本展の概要を紹介するコーナーや、爆心地公園の“誓いの火”デザインした際の模型など貴重な資料も展示しています。

また会期中にはギャラリートークも行いますので、ぜひ会場まで足をお運びくだださい。

 

日時:2015年7月7日(火)~7月28日(火)

   9:30~17:30

   ※休館日 7/13(月)・21(火)・27日(月)

 

ギャラリートーク:7月12日(日)10:30~11:30 

 【入場無料】

 

 

 ナガサキピースミュージアム情報はこちらから


ダウンロード
「被爆70年を考える現代美術展」チラシ A3二つ折り
ringartP&L2015.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 3.3 MB