2016年「折り鶴ワークショップ」で長崎歴史文化博物館エントランスロビーの天井に設置された折り鶴群。


「RING ART・8+9 現代美術展~地域・国際・平和~2016」


 

 

昨年の夏、私たちは「被爆70年を考える現代美術展」を長崎歴史文化博物館、活水学院、ピースミュージアムなど市内6会場で、地元作家ら100名を超える国内外の現代作家を迎え展覧会を開催した。更に公開講座、ワークショップ、パフォーマンスなど、被爆地の平和のあり方を「現代美術」の表現を通して提示した。成果として地元はもとより他県から新聞社も取材に来崎して、アートの表現により平和への貢献が実証された。

さて今夏は、ポスト被爆70年の位置付けとして昨夏の経験を生かし、更にアートの表現で平和を祈念し、なおも苦しんでおられる被爆者やその犠牲になった方々へ、東日本大震災、熊本地震で被災された方々への励ましと鎮魂を込め、現代美術の多様な表現で本展を盛り上げる。

この企画は、1つは、今年は福島復興5年目にあたり、アートの表現や「折り鶴ワークショップ」で福島と長崎を一段と結びつける。3.11以降、長崎に福島の作家を長崎に招き、交流を深めて来た経緯がある。特に福島の子どもたちが制作した折り鶴を、誓いの火灯火台に飾る。こうした地道な取り組みは子どもらの夢(平和)を実らせつつある。2つは、被災された熊本のアーティストたちの支援として長崎に招き、お互いのアートの表現により少しでも元気付けることができればと願う。

何よりも「被爆50年」、そして「70年」という節目に現代美術展を展開してきた実績があり、毎年「8+9」展が平和展を継続しながら、その根底にはRING ARTの使命として「地域・国際・平和」という3つのキーワードがある。それにより長崎になじみの少なかった「現代美術」を少しずつこの地域に浸透させきた。その甲斐もあり地元の方々もその意義に気付き始めているので、一層本展を地元アーティストらと共に長崎の文化を高めたい。RING ARTの持つ意味は、文字どおりその輪(和)を広げ、地域や平和への貢献を図るとともに、地域文化振興として、その活性化にもつなげることをモットーとして活動している。

今回の企画では、展覧会のほか、展示会場となる長崎歴史文化博物館において、子どもを対象としたワークショップ、また地域文化の活性化の企画プランニングを目差す人たちや学芸員等の資質育成を対象にした現代美術講座を企画した。8月9日の原爆の日、恒例となっている爆心地公園の誓いの火灯火台の下での「折り鶴パフォーマンス」に福島の子どもたちの折り鶴を飾る。

さらに、今夏のリオデジャネイロ・オリンピックの開催に合わせ、ブラジル作家と子どもたちの作品を展示する。以上、現代美術の表現が平和長崎においてなくてはならないことを提唱する。

 

 

1「折り鶴パフォーマンス」

場所:長崎を最後の被爆地とする“誓いの火”灯火台(平和公園中心区)

日時:8月9日(日)10:00~16:00

どなたでもご自由に参加できます。(参加費無料)


長崎大学教育学部附属特別支援学校は灯火台の下で平和集会と「折り鶴パフォーマンス」実施。爆心地での平和教育は平和祈願の場であると共に、被爆の記憶をより一層心に刻むこととなる。

いわき市立田人小中学校生が8月1・2日に制作した「折り鶴」群を灯火台に飾り付け。こうしてアートが長崎と福島を結ぶこととなる。

通行人・旅人らに呼び掛けて「折り鶴パフォーマンス」を実施。8月9日という日に「折り鶴」を折り、それを灯火台に飾り付ける。まさに平和の日にするので平和の祈念となり、平和の記念ともなる。

 

“誓いの火”灯火台とは

 長崎市の爆心地公園と長崎原爆資料館を結ぶ階段の途中に立つ五角形の白い灯火台。この火は毎月9日、オリンピック発祥の地、ギリシャ・オリンピアの丘で採火された「聖火」が灯る。1987年8月9日、井川惺亮長崎大学名誉教によって長崎市爆心地公園に“「誓いの火」灯火台モニュメント”が建立された。この長崎を最後の被爆地にしようという強い願いを込め、11年前より平和の日にこの灯火台モニュメントの下で、平和を希求しながら、折り鶴を折り、モニュメントに貼り付ける『折り鶴パフォーマンス』を行っている。

 


2「折り鶴ワークショップ」

場 所 長崎歴史文化博物館 エントランスロビー

日 程 毎月1回(3月~7月、8月は2回実施)

どなたでもご自由に参加できます。(事前申し込み不要・参加費無料)

 

1  アートを通した平和をテーマに「おりづるワークショップ in れきぶん」を7回実施する

   

  • 3月29日(日)  10:00~11:30
  • 4月11日(土)  14:00~15:30
  • 5月  9日(土)  10:00~11:30
  • 6月  7日(日)  10:00~11:30
  • 7月12日(日)  14:00~15:30
  • 8月  2日(日)  10:00~11:30
  • 8月  8日(日)  10:00~11:30


2  着彩した「折り鶴」を天井(約12m)から吊し飾ると、つまりインスタレーションすることで長崎歴史文化博物館の初の平和のゾーンが生まれ、このことは未来志向型の、また地域に開かれた博物館の姿となるでしょう。

     


3 展覧会 

 ナガサキピースミュージアム

(長崎市松が枝町7-15 TEL:095-818-4247)

 

 会  期 2015年7月7日(火)~7月28日(火)

 開館時間 9:30~17:30 

        ※休館日7/13(月)・21(火)・27(月)

     

 ギャラリートーク:2015年7月12日(日)10:30~11:30

 

 


 長崎歴史文化博物館

 (長崎市立山1丁目1-1 TEL:095-818-8366)

 

  会  期 2015年8月1日(土)~8月16日(日)

   開館時間 8:30~19:00(最終入館18:30)


 長崎ブリックホール2Fギャラリー

 (長崎市茂里町2-38  TEL:095-842-2002)


  会  期 2015年7月19日(日)~7月25日(土)

  開館時間 10:00~20:00(最終日15:00)

    

  ギャラリートーク:7月19日(日)14:00~15:30


 長崎大学附属図書館ギャラリー

 (長崎市文教町1-14  TEL:095-819-2198)


   会  期 2015年8月19日(水)~8月30日(日)

   開館時間 平日/8:30~17:00 土日/10:00~17:00

   

  ギャラリートーク:8月19日(水)14:00~15:30


 NTTポケットギャラリー

 (長崎市出島14-7  TEL:095-816-0039)


   会  期 2015年8月1日(土)~8月30日(日)

   展示時間 9:00~21:00(照明点灯)

                     ※ショーウインドウ形式のギャラリーです。

     


 活水高等学校・活水中学校

 (長崎市宝栄町15-11  TEL:095-861-5176)

 

         会     期 2015年8月7日(金)~8月16日(日)

        開館時間 9:00~18:00(最終日12:00まで)

        入場無料 ただし入場で受付が必要です。



4 公開講座

長崎大学公開講座(2015年度前期)

「被爆70年を考える現代美術」

 

     期     日:①7月11日(土)②7月20日(月祝)

                       ③7月26日(日)④8月 8日(土)

                       ⑤8月10日(月)

           

      時      間   14:00~15:30

     

   場      所    長崎大学産学官連携戦略本部 生涯教育室

             (長崎市文教町1-14 ℡ 095-819-2233)

      受 講 料 無  料

 

       ※当日参加もできますが、

           事前のお申込みをお願いいたします。

  

〈お申込み・お問い合わせ先〉

    長崎大学産学官連携戦略本部 生涯教育室

    電話:095-819-2233


講座・申し込み方法の詳細は、長崎大学公開講座ホームページでもご覧いただけます。

 http://www.erc.nagasaki-u.ac.jp/kouzaannai.html

                

 



5  いわき市 田人Art Meeting2015ワークショップ

「流し絵で楽しもう!そして折り鶴に着彩しよう!」

(被爆70年祈念)

 

     日   時   8月2日(日)9::30~11:30

  受 講 者   田人小中学校生

  会      場   第二田人小学校体育館(福島県いわき市)

  講      師   井川 惺亮(長崎大学名誉教授)