長崎市被爆75周年記念事業

8+9 2020  ~ナガサキの地でアートを考える Ⅱ~


被爆から75年の節目を迎える今夏、長崎市内の3施設を展示会場に現代アートによる平和展を開催します。被爆の風化が急速に進む中、平和に対するアートの貢献や課題、未来を担う子どもたちに伝えたいアート表現について考えます。展覧会や関連企画(シンポジウム・講演会・ワークショップ等)の観覧料・参加費はすべて無料です。

〈スケジュール〉


第1会場

長崎ブリックホール 2Fギャラリー・交流スペース

2020年7月19日(日)~7月30日(木)10:00〜20:00 



第2会場

長崎歴史文化博物館(エントランス・回廊・中庭)

 

2020年7月26日(日)~8月16日(日)8:00~18:00

 

 



第3会場

長崎県美術館(エントランス・運河ギャラリー)

 

2020年8月4日(火)~8月15日(土)10:00~20:00 

 

 



第4会場

 

 ナガサキピースミュージアム

2020年8月11日(火)~9月5日(土)9:30~17:30(月曜休館)

 


〈イベント〉


 パフォーマンス 

  丸山 常生(美術家・パフォーマンスアーティスト)

    日時:7月26日(日)14:00~15:00 

       会場:長崎歴史文化博物館 

 

シンポジウム「 ナガサキの地でアートを考えるⅡ 」 

        日時:8月6日(木)14:00~15:30

        会場:長崎県美術館ホール

        コーディネーター:菅 章(大分市美術館館長)

         パネリスト : 山下 良夫(画家)  櫻井 裕美(故川口和男御息女)

                         高橋 眞司(哲学者)      井川 惺亮(RING ART会員)

                               竹下 芙美(長崎の被爆遺構を保存する会)

 

 

 

 

オープニングセレモニー 

    8月8日(土)13:00〜14:00      会場:長崎県美術館 エントランス

 

〔作曲演奏〕

  《長崎の空に関する幾つかの断章 – 故川口和男の絵画への注釈》新作初演            日時:8月8日(土)13:30~ 

    会場:長崎県美術館ホール

    演奏:小畑 郁男(作曲家)

 

 

 


 講演会・トーク 

           「被爆75年とアートの役割」

               日時:8月8日(土)14:00~15:30

               会場:長崎県美術館ホールと同館内8+9展 展示場

               講師:宮田 徹也(京都嵯峨美術大学客員教授)

      

 

 折り鶴ワークショップ〈参加費無料・事前予約不要〉

平和の思いを込めて、画用紙で作った折り鶴に着彩します。ここで作られた折り鶴は、8月9日”平和の日”に「長崎を最後の被爆地とする“誓いの火”灯火台」に飾られます。

〈第1会場〉  長崎ブリックホール・練習室2

                   日時:7月20日(月)午前の部10:00〜12:00

                                                         午後の部13:00〜15:00    

〈第2会場〉 長崎歴史文化博物館(エントランス)

                 日時:7月30日(木) 10:00〜12:00                 8月   2日(日) 10:00〜12:00      

 〈第3会場〉 長崎県美術館(運河ギャラリー)

                 日時:8月4日(火)10:00〜12:00 

           8月5日(水)10:00〜12:00

                               

  

 


第5会場

折り鶴パフォーマンス〈参加費無料〉

2020年8月9日(日) 

“平和の日”の当日9時半より、爆心地公園の平和記念館への石段の昇降する通行人や旅人に呼びかけ、平和の日に平和の願いを込めて色紙で“折り鶴”を作り、灯火台に貼りつけます。

     時間:10:00~15:00

  会場:長崎を最後の被爆地とする“誓いの火”灯火台モニュメント          (爆心地公園内の平和祈念館に登る石段左)

 

 


関連企画1


「井川惺亮〈誓いの火と共に〉」

日 時:7月中旬から開催予定 

         9:30〜17:30(月曜休館日・最終日は14:00まで)

会 場:ナガサキピースミュージアム

内 容:「アートが平和に貢献するか」という井川の問いかけを「光」をテーマにした個展。また、長崎とって重要な被爆者故渡辺千恵子氏がもたらしたオリンピアの火が爆心地公園に“誓いの火”灯火台に灯されている。1987年に建立された井川のデザインによるこの灯火台のもつ意義、そして「平和とアート」について、未来志向のアートとして展開する。

 

関連企画2


 「Fransisco LARANJO & Seiryo IKAWA展」 

日 時: 8月 7日(金)13:30~15:00 (要予約・入場受付)

           8月10日(月)13:30~15:00 (要予約・入場受付)

              8月11日(火)10:30~12:00    (要予約・入場受付)

会 場:延命寺 庫裡広間と中庭(長崎市寺町3-1 電話:095-822-8563)             

内 容:フランシスコ・ラランジョ教授(ポルト大学)の墨によるアートと、井川惺亮の掛け軸作品による現代アートの展覧会。2010年、日葡修好150年を機に長崎大学とポルト大学の学術提携を機に交流が始まった。10年後となる今年、再び長崎の地で二人展を開催する。

 


〈会場〉


長崎ブリックホール

 〒852-8104 長崎県長崎市茂里町2−38 電話: 095-842-2002

長崎歴史文化博物館

〒850-0007 長崎県長崎市立山1丁目1−1 電話: 095-818-8366 

長崎県美術館

〒850-0862 長崎県長崎市出島町2−1   電話 :  095-833-2110 

ナガサキピースミュージアム

〒850-0921 長崎県長崎市松が枝町7−15 電話: 095-818-4247 


長崎を最後の被爆地とする“誓いの火”灯火台モニュメント

Monument for the Nagasaki Flame of Commitment)

〒852-8117 長崎県長崎市平野町5−18