Seriryo Ikawa  "peinture”2009
Seriryo Ikawa "peinture”2009

「RING ART」は長崎大学井川研究室OB有志が中心となり、井川惺亮氏の大学退官後、2009年に発足した現代アートのグループです。井川研究室では1980年代半ばから地元長崎を拠点に国際的な活動を続け、アートによって地域文化の活性を目指してきました。長崎を中心に現代アートの展覧会やワークショップなど、〈子ども教育〉〈国際交流〉〈平和活動〉をキーワードに取り組んでいます。中でも〈国際交流〉では、20年以上前から交流を継続している韓国を中心に、中国とも交流を行っています。また長崎とゆかりの深いポルトガルとの交流も2年前から始まりました。「RING ART」は長崎という地域性を大切にしながら、アートを通じて人と人とのつながりの輪を広げていきます。

 

 「RING ART」の名前の由来

RING=丸くなる、輪になる、環にもなる、そして平和の和でもある。この由来は2009年にオワンクラゲの緑色蛋白質の研究でノベール化学賞受賞された長崎大学OBの下村脩博士に、その業績を讃え長崎大学より初の名誉博士号授与にあたり、その賞状と共に井川惺亮の作品が添えられた。その作品は下村博士のオワンクラゲの輪=RINGからヒント(モチーフ)にしたことから、下村博士にあやかりARTの前にRINGを添えたものである。

 添えられた作品(写真・左)は、書籍「地に根をはった美術」(2009・RING ART実行委員会)の中にそれがある。この作品は4点描いた1点で、その本の表紙絵となっている。